プラスキャンプ

キャンピングカー

キャンピングカー

高速道路で渋滞に巻き込まれてしまったとき、トイレを使わせてくれたキャンピングカーの中はまるで豪華なホテルのような内装でした。それ以来いつか自分のキャンピングカーを持ちたいという夢を持っています。最近のオートキャンプブームや団塊の世代のリタイヤに合わせて、軽自動車やワンボックス、ミニバンなど一般的な乗用車を利用したタイプも増えてきました。書斎や別室として使ったり、別荘気分で自分の部屋ごと移動して気軽に旅を楽しむことができるのが最大の魅力かも知れませんね。


種類と特徴

コンバージョンタイプ

自走式のタイプで、車体と一体型しているものです。日本国内ではワンボックスやトラック、バスをベースにしたものが多いのが特徴です。フルオーダーメイドの通称「フルコン」は居住空間も広く豪華な設備がそろっている高級車で、販売価格もピンキリです。ファミリーなどに人気なのは、トラックをベースにしたキャブコンで、運転席の上にベッドや収納スペースが設けられている事も多く、慣れるまで運転が難しいかもしれません。


トレーラータイプ

エンジンが付いていないため、自走することができないタイプで、牽引免許が必要になります。アメリカなど広い国では数部屋に分かれている大型のトレーラーやトレーラーハウスが人気ですが、道路事情などを考えると日本国内ではやや不便になるので、小さなトラベルトレーラーが一般的です。また、積み下ろしが可能なピックアップキャビンタイプもあります。トラックの荷台やステーションワゴンと組み合わせて利用することができます。


大人気! 軽キャンパー(軽自動車キャンピングカー)

メリット

軽トラックやボックスワゴンタイプの軽自動車を利用したキャンピングカーは、維持費が安く普段使いにも対応できるものが多いのが特徴です。そのため、ファミリーだけでなく女性や団塊の世代などにも人気が高まっています。もともとが小さい車なので、駐車場で高さや幅の心配をする事もほとんどありません。キャンピングカーに慣れていない人でも運転しやすいというのも人気の秘密といえますね。

黄色8ナンバーと白8ナンバー

軽キャンパーには、ポップアップルーフなどは広げると室内で立って歩く事もできる人気の内装があります。しかし、全幅や車高が小さい軽自動車の車体に手を加えて、より使いやすい様に改良にしていくと、通常の軽ナンバーではなく黄色の軽ナンバーに特殊車両の8ナンバーになります。しかし、軽自動車の規格を越える改良を加えてしまうと、本体は軽自動車でも白の8ナンバーになってしまい、維持費がかなり高くなるので注意しましょう。

購入方法・選び方

メーカー・販売店

キャンピングカーを専門に扱っている業者は増えています。業者に頼む場合でも、新車をオーダーカスタムするところや、中古車を扱っているところ、乗用車の改装を行うところなど、目的に合わせて選ぶのがポイントです。また、新車はとても値段が高くなかなか手が出せないという人も多いでしょう。中古は新車に比べ比較的安い値段で購入できますが、購入前に使い勝手や走行などに問題が無いかしっかり確認しておくようにしましょう。

内容

もともとキャンピングカーとして販売されているものもありますが、ハイエースなどのワンボックスカーを好みや用途に合わせて自作で製作したり、中古のものを改造して自分が使いやすい内装にするのも良いでしょう。特に天井を軽開閉させることの出来るポップアップルーフやフロアベッドは人気があります。しかし、水を使った流し台、シャワー、トイレなどは、便利ですが排水の処理が必要となることを覚えておくとよいでしょう。

レンタル

自分のキャンピングカーを持つことが夢、という人も多いと思いますが、安いものではないのでこだわりや希望が色々とありますよね。自分にあった使いやすい設備やこだわりの内装を見つけるためには実際使ってみるのが一番です。始めはレンタカーで使い勝手やタイプ等を確認してみるのが失敗しないためのポイントです。もちろん、年に1回程度使いたいという場合には、購入せずに毎回最新設備のレンタカーを借りるというのも、オートキャンプの楽しみ方の一つですよね。