プラスキャンプ

カセットコンロ

カセットコンロ

一般的にカセットコンロといわれているのは、可燃性のガスが充填されているガスボンベやガスタンクをセットして使うコンロのことです。飲食店などでは、冬になると鍋料理などで使われているのをみかけます。キャンプやバーベキューなどでも簡単に使えて持ち運びにも便利なので、昔から良く利用されています。激安ショップなどではかなり安くで販売されているものも多いのですが、安全面に考慮して選ぶようにしましょう。


卓上タイプ

特徴

コンロとガスボンベをセットするところが一体化しているタイプです。一人暮らしの人やテーブルの上で調理しながら食べる鍋物などの時に活躍してくれる便利なものですよね。コードや電源などは必要ないため持ち運びも便利です。キャンプ場でもテーブルの上で調理したり、クッカーを温めて使うことが出来ます。量販店や激安ショップなどでは1000円程度の安い価格で販売されているものや、タコ焼き器とセットになっているものなども見かけますが、使い勝手はちょっと微妙なものもあります。

使い方・注意点

卓上タイプは、はめ込み式のものが一般的です。はめ込んでからカチッとしっかりはまるまで少しまわしてセットするものや、レバーが付いているものなどがあります。ガスボンベがコンロに近い位置であることが多く、使用方法によってはボンベ自体が熱くなります。特にアウトドアで使用する場合には、大き目のフライパンや鉄板などを使うことが多いのですが、ボンベを入れる部分の上まで鍋や鉄板が覆いかぶさってしまうと破裂してしまう事もありキケンです。特に底面が大きな鉄板や鍋などは避けるようにしましょう。

バーナータイプ

特徴

カートリッジガスボンベを取り付けて使いますが、卓上タイプで使われるボンベより熱に強い構造のものを使用しているのが特徴です。点火口が1つでコンパクトなシングルバーナーと点火口が2つある便利なツーバーナーがあります。また、ガスを燃料とするものの他にガソリンを燃料にできるタイプもあります。ガス燃料はガソリン燃料と比べると燃費が高くなりますが、バイクキャンパーや初心者でも持ち運び・使い方がわかりやすいというメリットがあります。

使い方・注意点

ガス式は点火も火力の調節もワンタッチで行うことができます。燃料は詰め替えることができるタイプもありますので、詰め替えられるようになるとボンベを買い換えるより燃費を安くすることができます。シングルタイプは、ボンベに点火口を取り付けるシンプルな構造のため、卓上タイプより場所をとりません。しかし、高さがあるためあまり大きな鍋や重さのあるクッカーを乗せると不安定になってしまいます。

選び方について

選び方

カセットコンロを選ぶ場合には、どんな料理に使うことが多いか、どんな場所で使うことを考えてタイプを選ぶと良いでしょう。また、ツーバーナーコンロを購入する場合には、バーナー用スタンドを一緒に用意するのがお勧めです。また、クッカーや鍋はキャンプ用品として揃える場合でも、普段使い慣れているものを選ぶのがポイントですが、コンロの幅や大きさをクッカーの大きさに合わせると使いやすいものを選ぶことができます。

ボンベの処理方法

使用済みのボンベは底に穴を開けて完全に中のガスを抜いてから捨てるようにしてください。カセットコンロを同じメーカーのボンベでなくても使えますが、何かあった時にメーカーが保証してくれるのはメーカー指定のボンベ使用時のみです。ボンベには使用期限もありますので使う前に確認してくださいね。