プラスキャンプ

ランタン

ランタン

キャンプ場で使うランタンは、どこと無く柔らかく懐かしい感じのする優しい光を放ちます。温かいランタンの光の下では、大らかな気分になって忙しい毎日をふっと忘れることができますよね。そのため、ランタンを使ったファスティバルが毎年人気を集めています。また、明かりを消すだけでどこまでも広がる星空に漂うことができるのも、アウトドアキャンプならではの楽しみの一つですよね。優しい明かりに包まれて、普段はなかなか味わうことのできない雰囲気を十分に味わってください!


種類と特徴

ガソリン・灯油タイプ

主なランタンの中でも特に明るさを出すことができるのがガソリンや灯油を使ったタイプです。一つだけでもかなり広範囲を明るく照らすことができます。キャンプ場でゆっくり読書をしたい人にもおすすめです。ガスに比べると燃料コストが低いのが特徴です。しかし、給油する際や保管しておく時など全体的な取り扱いがやや難しくメンテナンスにも手間が掛かるのが特徴です。慣れてしまえばとても便利なものですが、取り扱いには十分注意しましょう。


ガスタイプ

ワンタッチで点火・消化を行うことができるため、ガソリン式に比べるとかなり手間も掛からず簡単に使うことが出来るのが特徴です。また、大きさもかなり小型のものから野外でも十分な明るさを保つことのできる大型タイプまで、サイズが豊富にある事も魅力の一つです。燃料の交換も手軽に使えるのでキャンプ初心者にはこのタイプがお勧めですが、明るさはやや劣ります。


キャンドルタイプ

ろうそくを中に入れておくだけのとても手軽なタイプです。風が吹き込んで消えることが無いので、ろうそくの炎が作り出すゆらゆらとした明かりを楽しむことができるため、家庭用としても人気があります。ガスやガソリンのように点火口周辺や燃料タンクのメンテナンスを行う必要がないため、初心者でも扱いが簡単です。長時間燃焼する背の低いキャンドルを使うと、安定感もよくなり交換頻度も少なくすみますよ。


電池タイプ

蛍光灯式の電球を使用しているものが増えているため、以前より明るさを出すことができル用になりました。しかし、ガスやガソリンタイプと比べるとキャンプらしい雰囲気が出にくくなります。そのため、野外とテント内・車内で電球のタイプを変えて使用すると良いでしょう。オートキャンプなどでは、車のサイドにスタンドを置き、吊るしておくと雰囲気を味わうことが出来ますよ。


選び方

使用場所で選ぶ

テーブルに置いて使う場合には、比較的顔に近い位置に明かりが来るので、ガソリンタイプだと明るすぎると感じる事もあります。反対に、ランタンスタンドに吊るして野外で使用する場合には、ある程度の明るさを各府できるガソリンタイプや大型のガスタイプがお勧めです。また、テント内にはフックがついているものもありますが、燃えやすい布地が多いテントサイト内では火を使うタイプのランタンは持ち込まないことが基本です。そのため、テント内用に小さめの電池式ランタンを一つ用意しておくと便利です。

燃料タイプで選ぶ

ランタンを選ぶ場合には、燃料の保管や交換が一番大変です。そのため、コンロやバーナーと同じ燃料を使うタイプにしておくと、燃料の保管も楽になります。また、ガソリンやガスなどの燃料タイプは使いたくないという人の場合には、電池式が便利ですが、雰囲気が出にくくなるのがネックですよね。柔らかい光のものを選びたい場合には、蛍光灯式ではなく白熱灯タイプを選ぶと良いでしょう。