プラスキャンプ

キャンプ道具の選び方

道具,選び方

始めてのキャンプ、というと足りないものは無いか、色々と道具を揃えたくなるものです。しかし、キャンプやアウトドアは、不自由のなかで工夫する楽しみを味わうというものでもあります。何回も失敗した経験を積むことで、どんなことが起きてもタイプできる用になると、行動範囲も広がります。始めは最低限のものだけを揃えておいて、必要に応じてだんだんと揃えていく、というのが賢いキャンパーになるための秘訣ともいえるんですよ。


オートキャンプに必要な道具たち

リビング用品

眠る場所でもあり、食事をしたりくつろいだりするリビング空間を作る道具たちです。テントとテントを張るためのペグや木槌、マット、タープなどが基本の道具になります。オートキャンプで車中泊がメインになる場合でも、シュラフ・毛布・マット位は最低限揃えておきましょう。我が家では、犬も一緒にキャンプへ行くので犬用のベッドや食器などもキャンプグッズとして欠かせません。


キッチン用品

キッチン用品を選ぶ際にポイントとなるのは、使用するコンロやグリルのタイプと大きさです。鍋やクッカーなどの調理器具は、コンロの幅に合わせて使いやすい大きさの物を選びましょう。大き過ぎると安定感が悪くなったり、安全面にも影響が出る場合があります。また、バーベキューセットとして食器やまな板などがセットになっているものは、使いにくいものや不要なものもあるので、普段使い慣れているものに近いものを選びましょう。


衣類

夏のキャンプには、虫よけや熱中症を避けるために、薄手の長袖や帽子などの日除けが欠かせません。また、春・秋・冬には動きやすい服装の他に、体温を逃がしにくいインナーや重ね着できるセーター・フリースなどを用意しておきましょう。夜から明け方は夏でも冷え込むことがあるので、一枚多めに持って行くと良いでしょう。


虫除け・ファーストエイド

夏場に限らず、キャンプ場やバーベキューエリアでは虫に指されることがあります。そのため、虫除けの他に刺された時に対処できる薬なども用意しておくのがお勧めです。虫除け・虫刺され用品と一緒に、ちょっとした怪我などにも対応できるようなファーストエイドキッドを準備しておくのがポイントです。


キャンピンググッズの購入方法

買うときのポイント

キャンプ用品を購入することができるお店は、大きく別けると4つ。量販店・アウトドア専門店・インターネット・アウトドア用品メーカー直営店です。値段だけで見ると量販店やインターネットですが、品揃えは少ないため欲しいものが手に入らない場合もあります。また、安いものを探すといっても激安価格で販売されているものにはあまり良いものがないように思います。知識が豊富な人その中から探し出すこともできますが、初心者の場合にはお勧めできません。専門店や直営店は、品揃えも豊富で商品に付いての説明やメンテナンスも行ってくれるところが多いので初心者には安心です。

便利グッズ

キャンプ以外でも海水浴場やバーベキューエリアなどで便利なのがタープです。日陰を作りたいだけの場合には、簡単に設置できるヘキサタイプ・ウイングタープ・レクタングラーなどがお勧めです。ヘキサ・ウイングはポールが2本だけで自立させることができますが、やや空間が狭く感じます。また、メッシュ素材で両サイドを開放させ、ルーフとして使う事もできるスクリーンタープは、夏のキャンプなどでは大変重宝します。また、オートキャンパーに大変人気なのが、車と一体にさせて使うことのできるカーサイドタープです。どんな空間を作りたいか、どんな風に使うか、使用用途に合わせて選びましょう。