プラスキャンプ

キャンプ場の選び方

キャンプ場,選び方

アウトドアやキャンプの人気が高まるにつれ、インターネットや情報ガイドブックなどから沢山の情報を得られるようになりました。インターネットでは、実際に行った感想や評価、口コミが掲載されているサイトもあり、家にいながら比較する事ができます。しかし、良し悪しは人それぞれの感じ方があるので鵜呑みにせず、実際に行くことで自分なりの選び方を見つけるのがおすすめです。私は人があまり訪れないマイナーな秘境が好きなので、口コミ評価が少ない中から探すこともあります。そうして自分のお気に入りの場所を見つけるととても嬉しくなりますね。


上手な選び方のポイント

場所・立地

海辺や温泉地、紅葉がきれいな場所などの候補としては、あそこへ行ってみたい、という希望がある場合も多いと思います。せっかく行くのですから、希望の場所に行きたいですよね。しかし、人気のあるキャンプ場などは、週末になると予約で一杯になる事もあります。早めに予約しておくか週末を避けたオフピークを狙って行くのもおすすめです。日帰りのデイキャンプやバーベキューの場合は、自宅から1〜3時間までの距離で、また、1泊2日程度の短期キャンプも2〜3時間を目安に距離や場所を決めましょう。

施設

不自由さを楽しむのがアウトドアですが、初心者の場合にはある程度施設や設備が充実している所がおすすめです。犬と一緒に出かける場合には、ドッグランが併設されているなどもチェックしておきたいですよね。さらに、トイレやシャワー設備の数や、サイト一区画の広さもキャンプ場によって異なります。オートキャンプで車をサイトに横付けできる場所も増えていますが、駐車場とテントサイトが離れている場合もあります。また、バリアフリーになっている所も増えていますので、事前に確認しておくのがポイントです。

費用

オートキャンプに限らず、キャンプへ行く交通手段として車が使われることが多いと思います。そのため、ガソリン代を含めた交通費+キャンプ場のレンタル料金+食材・燃料費の合計が、基本的な費用になります。レンタルグッズを利用する場合やオプションサービスを利用する場合にはここに上乗せして考えます。オプションとしては、周辺環境を利用した自然体験学習ツアーがあったり、サイクリングや登山などオプションでイベントを楽しめる所もあります。また、長期間滞在割引サービスが受けられたり、平日割引があるキャンプ場もありますので、こういったサービスを利用するのも賢い選び方ですよね。

バーベキュープレイス

デイキャンプや日帰りバーベキューなどを楽しめるバーベキューエリアだけがあるキャンプ場もあります。こういった場所では、バーベキューセットのレンタルやスペースを借りる料金も低価格でお得です。海外には、同じようにバーベキューをすることができるバーベキュープレイスという場所が、キャンプ場だけでなく海辺や川原、小さな公園にもあります。しかも、無料や100円程度のコインを入れるだけで鉄板が熱くなるので、本当に気軽に使うことが出来ます。日本にもこういった場所が増えるといいですよね。

探すときのポイント

初心者の場合

初めての人やまだ慣れていない初心者の場合には、できるだけレンタル用品や管理人が常駐しているキャンプ場をえらぶのがポイントです。管理人や運営者の対応も気になるところなので、一度電話をかけてみると電話対応から感じをつかむことができると思います。また、パンフレットやガイドブックに掲載されている写真からも、そのキャンプ場の雰囲気を知ることができます。子供が沢山移っている写真が掲載されていれば、子供連れのファミリーキャンプにも適しているとわかりますよね。

オートキャンプ場

オートキャンプ場では、車の駐車スペースを含めた区画で貸し出しているところと、人数で料金が設定されているところがあります。そのため、複数家族や大人数が複数台の車で出かける場合には、入場料や区画利用料がどのように設定されているかを確認しましょう。場合によっては、大型のレンタカーやキャンピングカーを借りたほうがお得、という場合もありますし、レンタル・利用料金が高くても近くの温泉施設が無料になるサービスが受けられる、という場合もあります。